水引(みずひき)の種類と使い方

ご祝儀や熨斗で頻繁に見られる「水引(みずひき)」。
結び方や色など多様な種類がありますが、それぞれに意味があることはご存知でしょうか?
これから、水引の種類や意味について紹介します。

水引って?

水引とは、祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで、贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐を指します。その結び方や色により、様々な用途に使い分けることができます。
水引の歴史は古く、詳細は定かではありませんが、飛鳥時代に中国(髄)から伝わったとされています。また、室町時代の日明貿易で中国からの輸入品に目印としてかけられていた赤と白の縄を、日本人が贈答品の装飾と勘違いし広まった、との説もあります。

水引の結び方

結びきり

結婚、弔事、病気・災害見舞いなどに使用されます。
結びきりは一度結ぶとほどけないことから、「二度と繰り返さないでほしい」という意味を持っています。
弔事の場合は下向きに結ばれることもあります。

花結び(蝶結び)

出産、長寿、進学などの慶事に使用できます。
ほどいて何度でも結べるため、「何度繰り返してもうれしいこと」を祝う場合に用います。

水引の色

慶事の場合

赤白・金銀・赤金が多く使用されます。

弔事の場合

白黒・黄白・青白・銀が多く使用されます。

水引の本数

慶事の場合

3本・5本・7本の奇数を使用します。特に婚礼関係には5本2束の10本を使用します。
主流は5本ですが、7本は5本をより丁寧にしたものと言われます。
また、粗品などちょっとした贈り物の場合、5本を簡略化した3本が用いられます。
9も奇数ですが、「苦」に通じるためあまり用いられません。

弔事の場合

2本・4本・6本の偶数を使用します。

普段、冠婚葬祭の多くの場で何気なく使用している水引ですが、その結び方や色のルールに込められた想いがたくさんあります。
さりげないものだからこそ、贈る相手のことを考えながら、細かな気配りを込めて選びたいですね。

様々な場で活用できる水引

水引は、贈答品や封筒に付けるだけでなく、お酒を贈る時に瓶に巻いたり、
いろいろなやり方で贈り物を華やかに飾ることができます。
一般的な蝶結びや結びきりのみならず、花の形や鶴亀などの意匠に凝ったモチーフも増えていますね!

大事な人へのプレゼントに、ちょっとした華を添えたい時…、
日本の伝統的なラッピングである、水引を使ってみるのはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新の記事
さっきー

さっきー

20代後半の趣味に邁進する働き女子。洋菓子よりも和菓子派。家族で食べられるお菓子大歓迎。

さっきー

さっきーの最新記事

水引(みずひき)の種類と使い方 

全て見る
PAGE TOP